ブログトップ

ちりめん細工教室「はうら」~熱海~

hauramaru.exblog.jp

<   2009年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今年の梅と鶯の吊るし完成







昨年作成の梅の吊るし飾りがお嫁に行ってから、
もう一台、今年の梅の時期に間に合うように作るつもりが、
もう梅の花も終わりかけた今日この頃、
数日前にやっと完成という始末・・・


f0182261_7143065.jpg




f0182261_19422086.jpg




f0182261_715112.jpg








かねてより、予約のあったお客様が二組、
昨日2月22日(日)にご来訪、
東京からの5人のグループと、
鎌倉からの2人との計7人、
同じ時間帯に見えられたので、
狭い店内が余計狭くなって申し訳なかったけれど、
趣味を同じくする人の集まりなので、
話が盛り上がり、
とても楽しい時間となった。

f0182261_865892.jpg


皆さまがお帰りになった後、
“きょうは、もうおしま~~い!”とばかり、
店を閉めて、
遅い昼食を取っている時、
電話が鳴って、
見知らぬ人から、
「お店を見学したい」との依頼、

道順を案内して、
待つこと10分、

「はうら」の近くまで来ているらしいが
見つけあぐねているようなので、
お迎えに・・・

ご夫婦で来られていたけれど、
旦那様は一人で散歩しているからと・・・
奥様だけお連れして・・・
この方もやっぱり東京から来た方でした。

訊けば、
この方が、
昼食の為、食事どころ「釜鶴」さんに行ったところ、
そこで、
先の五人組の方から、
買ったばかりの、
「はうら」のちりめん細工を見せてもらったらしく、
ぜひということで・・・

ありがとうございます。

やっぱり人が多く来てくださるのは嬉しいことです。 感謝!



気がつけば、
2月22日、 2.2.2・・・ふ、ふ、ふ・・・の日だ~
[PR]
by haura-maru | 2009-02-23 08:15

ちりめん細工 さくらと梅


2月の第二回目の課題は

さくらとうめ
f0182261_20542317.jpg



簡単なつくりですが、
とても綺麗なものです。

吊るし雛などで細工物の数が足りない時など
このさくらと梅を、
間、間に入れると華やかな雰囲気が出て、
素敵ですよ。
f0182261_20594075.jpg

[PR]
by haura-maru | 2009-02-16 21:01

このところの10日間の出来事



さて、さてー

ここ10日間についてはなかなか落ち着きの無い日々でした。

先のブログで紹介しました
名古屋のギャラリー・カフェ「茶房 じゅん」での人形展が
2月3日に終わり、6日に待望の兎の人形が届きました。

かなり大きな人形なので、
我が狭き店内のどこに飾ればいいか・・・

半日掛かりで店内の模様替えです。

やっと置き場所が決まりました。
f0182261_1265447.jpg



f0182261_1273097.jpg



f0182261_1275695.jpg



翌日7日(土)に友人が訪ねてきました。
うさぎ人形を見るために・・・

8日は東京からの来客、

9日はちりめん細工教室の日ではなかったけれど、
先週の教室に来られなかった人の振り替え授業、

そして、
2月10日が四国に住む孫の誕生日、

誕生日のプレゼントやカードを用意しなければと思いつつ・・・
明日こそ、明日こそ・・・と時間が過ぎて・・・

取り敢えず、、その日に届くように、
ぎりぎり宅配に託して、
手元にある手作りの人形と頂き物のお菓子と、
ポチ袋と、
殺風景な大人用の便箋に大急ぎで
一行
 おたんじょうびおめでとうございます
とだけ書いて・・・

後の日、
孫のママから、

 「まおたん」が便箋の文章を見て、

   “これだけ~~~”

って言ってましたよ~

すっごく反省しました。

まおた~ん、
ごめんなさい!!


どんなに忙しくてもすぐに間に合うように、
小さな女の子の心を傷つけないように、

さっそく
カードとレターセットをいっぱい買ってきました。
f0182261_210064.jpg



13日の金曜日はビスクドールの教室の日でした。

この日の天気予報は「春一番が吹く」でした。

頭の髪が乱れないように
ヘアースプレーを吹き付けて、
カチューシャをして行きましたが、
それほどの風は吹きませんでした。

全国的には、
瞬間風速20メートル以上のところもあったらしいです。

夜になってから熱海でもかなり強い風が吹いたと言うことですが、
私は熟睡していて気がつきませんでした。
[PR]
by haura-maru | 2009-02-16 02:24

脳?????



これもテレビの受け売りだけれど
人間の体の全ては
脳の働き、伝達によって動かされ感じさせられていると・・・

人間は千差万別、本当にいろんな感性、性格の人が居るけれど
きっと脳型、脳機能がものすご~く異うんじゃろう~ねえ!

私の脳はどんなんかなあ!?
私の顔は小さいから、脳も小さいかしら?
ちゃんと普通に機能しているかしらん?
利口、バカは、大きさに関係あるかしらん?
何処かで聞いたところでは、
脳の皴の数によるらしいですけど、
私、年取ってしわしわだと思うけど・・・
・・・関係ないっすか!


そういえば若い頃、母から
「あんたは(中学生の時)耳の手術して
脳の何処かの線が切れてバカになったんと違う~?」
って言われた事あったっけ!?

このごろ自分でもひょっとしたら本当にそうかもなあ~、
と思うこと、かなりあります。

実を言うと、
私の小学生時代は、
私の人生で一番華やかで(?)
一人勝ちの時でした。

育ったのは田舎の村で、
でも、
一学年100人余りの児童は居りました。

声が綺麗で、
その頃有名だった童謡歌手が、
(記憶も大分薄れておりますが
多分、
古賀さと子さんとか川田孝子さんだったかなあ?・・・
2.3人来たように思います)
地方巡業で自分達の村に来た時、
前座で私が歌いました。
「名越座」という劇場でした。
私が小学校に上がる前の年でした。

小学校に入ってからは、
二年生の時、
男の子を抑えて級長になりました。
そのときの副級長は
松木正司さんでした。
この子のお父さんが、
「じょん子バス(女の子の意)に負けてからに~」
と言っていたのが今も懐かしく思い出されます。
この人は今頃はどんな人になっているんでしょうね。

学芸会のときも本当に活躍しました。
学芸会といっても、
先に出てきた「名越座」という
結構大きな劇場で行われ、
村人がこぞってお弁当持って見に来ていましたよ。

踊りもうまくて、
今、渋谷の猿楽町の方で日本料理店「延楽」を経営し、
「梅おばさん」としてもかなり有名でテレビにもよく登場するという、
乗松祥子さんと二人で踊ったり、

劇の上演では、
歌を沢山唄う場面があるということで
「花咲爺さん」の花咲じいさんの役をやりました。

絵もうまかったですね。
県のコンクール、郡部のコンクール、
いずれの時も、
いつも金賞を当たり前のように取っていましたよ。

5年生か6年生の時、
冬休みの宿題でお習字を提出しました。
「初日の出」という字だったと思います。

誰か大人の人に書いてもらっただろうということになって、
ひどく憤慨したり、
でもちょっと自慢たらしく嬉しかったりした記憶が残っています。


4.5.6年生での成績は殆ど4と5だけで、
6年生卒業の時は答辞を読みました。

勉強をした記憶は余りありませんが、
本はよく読みました。
少年少女文学といわれるものや、
少女小説は片っ端から読んでいました。
漫画を読んだ記憶は・・・?????

勉強をしなくても良かった時代でしたし、
小説を読むことで国語力がついていたので、
授業内容が早く理解できたのかもしれませんね。

ちやほやされた時代は小学校卒業までで、
中学に入ってからは、
成績も性格も行動も一変してしまいました。
本も一切読まなくなりました。
男の子に負けない活発さは影を潜め、
おとなしく、
ただ何となくぼんやり過ごしていたように思います。

物を創ることはその頃から好きで、
身の回りにある材料を使って、
人形やら、洋服やら作っていましたよ。
誰に教わることも無かったのに、
今考えると、
どうやって覚えたのか不思議なのですが・・・
洋服だってちゃんと着られるもので、
実際に自分で着ていましたから・・・

少し自分の自慢話のようになりましたが、

人間、
ある時期からは、
努力、修練無くしては、
何事も成功しませんね。


才能という言葉がありますよね。
どうして才脳と書かないんですかねえ。

才能は訓練によって高められますよねえ。
スポーツも芸術も芸能も・・・
あっ、学問も・・・
みんなそれなりに・・・

私のこれまでの人生は粘りが無かったから、
何をしても中途半端で
一つのことを継続して訓練することが無かったから
有ったか、無かったか?の才能
(多分、何らかの才能のはあった筈と思うけど)

花開くことが無かったなあ~

脳が体の隅々まで支配しているとしたら、
じゃあ、脳に頑張れとハッパかけるのは誰の役目じゃろ!?

他愛もない事を取りとめもなく考えていると、
しんどくなるし、面倒くさくもなる。
脳が疲れる。
体が疲れる。

ケ・セラ・セラー

やっぱりこの姿勢で残りの人生も生き抜きます。

でも、いつか、脳について詳しく調べてみたいです。
もちろん解剖なんてしませんよ。
インターネットとか書物とかですからね。



ところで今日は藤沢の日比木萌乃ビスクドール教室に
行ってきました。
やっぱりそこは楽しい場所でした。


f0182261_1464310.jpg



教室は、
もう華やかなムードいっぱいの
人形の館です。
f0182261_1501261.jpg



f0182261_1505213.jpg



f0182261_1511679.jpg



f0182261_1513733.jpg





この一週間あまりのおさぼり期間中の出来事については
後日又・・・

[PR]
by haura-maru | 2009-02-14 02:19

ちりめん細工教室ー今回の課題ー 「うぐいす」



今回は「うぐいす」、

自分なりの鶯を何点か作ってみた。

どうだろうか!?

どうしても、あの可愛いゝ日本玩具博物館の「うぐいす」が
頭から離れなくて、そのイメージから抜け出せないけれど
多分許される範囲のアレンジだと思っている。




f0182261_13182629.jpg





f0182261_13185455.jpg




小梅は従姉妹にいただいたものです。
f0182261_13194054.jpg





f0182261_14272921.jpg




相変わらずの店内

f0182261_13421227.jpg




f0182261_13444733.jpg




f0182261_1346865.jpg




f0182261_13463097.jpg




f0182261_13465937.jpg




f0182261_13471796.jpg




f0182261_13473877.jpg




f0182261_1348513.jpg




f0182261_13503069.jpg




f0182261_8501493.jpg



今回の教室では
横浜から遊びに来られて
飛び入りで講習を受ける方がいて、
ちょっと賑やかでした。
又、予約無しの店内見学者が来られて、
戸惑いましたが、
私がお相手出来ないことを了承してもらった上で、
自由に見学していただきました。
そしてお買い上げもしていただきました。^-^

生徒さんたちも頑張りました。

忙しかった日曜日の作品の撮影は出来ませんでした。
月曜日の生徒さんの作品です。


作品も、下敷きによって随分と印象が変わるものですね。
敷物を色々変えて撮影しましたが、
木綿の敷物に縮緬の作品はやはり似合いませんでした。

f0182261_13512553.jpg




f0182261_14134633.jpg




f0182261_14173683.jpg




f0182261_14205746.jpg


                   おしまい     
[PR]
by haura-maru | 2009-02-04 14:34