ブログトップ

ちりめん細工教室「はうら」~熱海~

hauramaru.exblog.jp

<   2009年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧

この一週間



先週21日(水)娘が久しぶりに訪ねてきた。
アンティークの着物に興味を覚え始めたらしく
私の手持ちの着物や帯を見るためである。

やることいっぱいの私も、ここは娘に付き合って
二日間、娘とふたりでありったけの着物や帯を
引っ張り出して、結構楽しんだ。

後の片付けが大変だったけどね~

江戸縮緬を半襟に持ってくると着物の味がぐ~んと素敵になる。
江戸縮緬ってどうしてこんなにも素晴らしい雰囲気が出るのでしょうかねえ。
深い味わいは、現代のどんな高級品を持ってしてもかなわない。
只々感嘆を持って、魅入るのみです。


しばらく(一年近く)欠席していたビスクドール人形の教室に
今年から再び通うことにした。
23日(金)は今年最初の教室、
途中、
バス停のある糸川沿いに熱海桜が綺麗に咲いていた。
よい気分になって熱海駅に到着、
あっりゃあ~、なんたること、
最近、
列車の発車時刻に変更があったみたいで
予定していた列車は発車したところでした。
その次の列車はなんと快速ではありませんか、
私の下車する駅(辻堂)には快速が止まりませぬ。

ふた電車も遅れて出発~
辻堂駅に着きました、やっとのことでね。
駅の売店においしいパンが売っているのでいつもそこで
お昼のお弁当にサンドウィッチを買うのですが、

あれっ、 無いですよ、売店がー、
売り場が変更になったかな?と辺りを見回してもございませんです。

駅や駅周辺の開発の為、大工事が行われており、
辺り一帯が全く変貌しておるのです。

今まで存在していた降り口もなく
、訳のわからぬ様相に戸惑いながら
おおよその見当をつけながら行く道を探して歩きました。
その内方角も分からなくなり見当もつかなくなって
工事中のおじさんにお尋ねすることに・・・

私の行きたい方向から随分逆の遠い位置に自分は居りました。

慌てても仕方ないので、開き直ってのんびりと
人形教室のある方角に向かって歩くことに・・・
辻堂駅から人形教室のある新町までは徒歩で15分くらいかかります。
でも、その日は25分くらいかかりました。

途中のスーパーでお弁当を買って、
その後やっと教室に辿り着きました。
午前中の授業が中途半端な時間になってしまいましたが、
午前中の授業も受けさせてもらいました。
申し訳なくも、午前中の授業料は只でした。
先生、本当にすみませんでした~
おまけに素敵な人形の本までいただいてしまいました。

久しぶりに教室の皆と会って楽しい、楽しい一日を過ごしました。



熱海桜満開です
f0182261_11303985.jpg




f0182261_1131552.jpg



人形教室の日比木萌乃先生と新作人形
f0182261_11322067.jpg




f0182261_11325462.jpg




f0182261_11333124.jpg




f0182261_1245788.jpg



25日(日)は名古屋へ行って来ました。
大田川駅で降りて、弥勒寺の麓に位置する、
ギャラリー・カフェ
茶房「じゅん」にて
「塚本みつこ」さんの「創作人形展」を見るためです。
出品は大作が多いので、
「今回は見るだけね」と自分に言い聞かせて
それでも気持ちの何処かに、
先日送られてきた人形展のDMに印刷されていた
素敵な兎の人形がチラチラしていて、
実物を見て写真以上の物だったら・・・x+?<!v

あーっ、だめ、だめ、だ~め、
見るだけね、

途中、金山駅の近くのカフェで知人と待ち合わせてから、
電車で大田川まで行き、そこからタクシーで「じゅん」へ

丁度、作者の塚本さんも来ており、あいさつもそこそこに
お目当ての作品を見せていただきました。
写真の印象ではもっと小さいものと感じておりましたが
実物は結構大きくて素晴らしいものでした。
中身の兎さんはもとより、着物も帯も簪もどれをとっても
すばらしく、
人形と目が合った途端、

ぐるぐるぐるっと頭が回転して、

昨年末、
ぼた餅が天から降ってきたように(実際は当然のことなのですが)
「年金特急便」により、
宙に浮いていた年金が判明、
(私の場合、お恥ずかしいのですが
若い頃、
忍耐力が無かったのか職場を転々と変わり、
その内の4.5件が宙に浮いていたんですよね)
過去に遡り、
約8年間分の思いがけないくらい沢山の未払い年金が
一度に振り込まれて貰えたんです。

よっしゃ! あれを使わぬ手はない!

こうなるともう止めても無駄です。

本当は非売品でしたが私が気持ちを伝えると
予想に反して、
快諾してくださり、
そのうえ、
骨董市で買い求めたという
とても素晴らしい飾り台までも譲ってもらえることになりました。
東京あたりではとても考えられない値段でした。

それを聞いて知人が「それ、私が払うから・・・」

またぼたもちが・・・

帰る時、
「じゅん」のママや、知人からお土産を沢山いただきました。

帰る途中の新幹線の中から美しい富士山がくっきり見えました。

帰宅後、皆からのお土産を広げました。
そこでまたまたぼたもちが・・・

鳩居堂の今年の干支「丑」の絵のある桐箱に
これまた可愛い「あかべこ」のポチ袋と
とっても小さくかわいいこけし
(けっこう、名のある作者の物らしいです)が
入っておりました。

お年玉なんでしょうねえ、
この年になってもお年玉もらえるんですから・・・


f0182261_12473615.jpg




f0182261_1248762.jpg




f0182261_12484222.jpg




f0182261_12492097.jpg




f0182261_12502291.jpg




f0182261_12505187.jpg




f0182261_12512711.jpg




f0182261_1252890.jpg




f0182261_12523928.jpg



何はともあれ、
今年も自分なりに「一生懸命」生きてゆきましょう。

時々、ちっぽけでこせこせした気持ちになったりする自分をいましめながら・・・

今日ある健康に感謝しながら・・・

屈託なくぼた餅が食べられるよう、自分もまた人にぼた餅を配れるよう・・・

がんばろう!
[PR]
by haura-maru | 2009-01-26 13:23 | Trackback | Comments(6)

伊豆の地酒にごり酒



え~~~っ、
これな~~に~~~!
おいし~~い!

今日、生徒さんから
「先生、お酒飲んでみました?」って訊かれて
「まだそのままで置いてある」って答えると
「ダメですよ~、生酒だから日持ちしませんよ~」って、

そんな事言われたって
私知らないも~ん、
今日の今日まで
お酒って腐らないものだと信じて疑わないで
生きてきたのに~~

そうなんだ、
腐るお酒もあるんだ~~
あ~知らなかったあー

夕食時、早速飲むことにして、
お酒のビンに記載されている説明文を読むと
「伊豆の地酒にごり酒」とあり、
一ヶ月以内に飲んでくださいとありました。

そんな事言われたって
あと10日くらいしか残ってないじゃないの、
一人で一升あけるなんてむりですよ~って
思いながら、何はともあれ飲まなくっちゃあ・・・
ッとばかりにガブッ!
うまあ~ッ!

今日までお酒おいしいって思ったこと無いのだけど
ただ、ほんわか気分が好きでたまーに飲んでたけど
濁り酒ってかすかに甘くて飲みやすくて
おいしいって感じることが出来て
尚且つ、グラスいっぱい(一合くらい)飲んで
かなり利く~~~、
ホント、いい気分になれる、

今もちょっと酔っ払っているかも・・・
いいね、この感じ、好きッ!

飲めます、飲んでみせます、
いや、癖になります、

どうしよう、

でも、
このお酒、限定品なんですって、

あ~~~、ますますどうしよう、あ~

伊豆市の「万大醸造合資会社」の濁り酒

とっても幸せな気分になりまする。
[PR]
by haura-maru | 2009-01-18 22:13 | Trackback | Comments(2)

ちりめん細工教室今回の課題「唐辛子」と「三角」



2009・1・18
一日中曇り日
でも暖かかった
f0182261_1885629.jpg




本日のちりめん細工は
「唐辛子」と「三角(薬入れ、お香入れ、富士山などを現す)」

作り方がとても簡単なので時間がたくさん余った。
それで、作っておくととても便利で可愛い玉を
サービスで教えてあげたらみんな大喜びで、
私も嬉しくなって
おまけで縮緬布を余分にみんなに差し上げました。
めでたしッ!
f0182261_18201827.jpg




f0182261_1820571.jpg




f0182261_18381120.jpg

[PR]
by haura-maru | 2009-01-18 18:38 | Trackback | Comments(0)

模様替え



2009・1・17(土)
晴れ、一日中暖かかった
写真の撮り忘れ



明日から2日間、また教室なり

全く進展の無い作品作りの為、
春の模様替えがむつかしい。
f0182261_0161644.jpg



f0182261_0164758.jpg



f0182261_0172929.jpg



f0182261_0175134.jpg



f0182261_0181388.jpg



f0182261_018377.jpg



f0182261_019396.jpg



f0182261_0192937.jpg



f0182261_0195111.jpg



f0182261_0201497.jpg

[PR]
by haura-maru | 2009-01-18 00:23 | Trackback | Comments(2)

眠い



2009・1・16
良く晴れた暖かい一日だった
f0182261_21411867.jpg



今日は午後からずーッと縫い物をしていたので
今、すごく眠いです
お風呂に入ってから眠ります
                   失礼!
[PR]
by haura-maru | 2009-01-16 21:45 | Trackback | Comments(2)

損か得か



2009・1・15(木)
今日も午前中はぽかぽか陽気
昼ごろから少しずつ寒くなる
f0182261_2322687.jpg



我が家の楽しいジューサー (通販の品)
f0182261_2325112.jpg

              前の方にジュース
              後ろの方に搾りかすが・・・
              搾りかすは炭とピートモスに混ぜて肥料に

              毎日これだけのジュースを一人で飲んでます



ちりめん細工用の古裂をずっと以前は骨董市やそういうお店を探して買っていた。
最近はインターネットのオークションで手に入れることが多くなっている。
落札の回数が多くなるに従って色々判ってくる事が多い。
今では出品者の選別も大体出来るようになってきたが、
一昨年くらい前に大失敗したことがある。

或る出品者が裾模様の有る色留袖を出品していて、
その商品の画像が素晴らしく
紹介文も「旧家から出た品で最高級品の縮緬・・・」とあり、
私は目を凝らしてつくづく画像を眺め、
これだけ沢山の写真でしかも絶賛した説明文であるからには、
きっと自信ある物だろうと判断し入札しました。
私と同じ思いの人が居たと見えて、一人の人と競争になりました。
どんどん、どんどん値が釣り上がり4万、5万、となり
その辺りで一度はもうやめようと思いましたが、
競争相手もあきらめないという事は
きっとそれだけの値打ちの或るものかも・・・
そしてついに6万?千円まで競り合い、
いくらなんでも、と
もうこれでやめようとした一歩手前で
相手が先に諦めてしまいました。

そしてそれがまた馬鹿げた事に、その他に、
色違いの留袖までも4万?千円で落札してしまったのです。

その出品者とはそれまでに何度か取引があり、
不都合なことも無かったから、
その時点では期待感でいっぱいでした。

2.3日後に品物が届き、わくわくしながら開封・・・

「うそでしょう!? これって普通の昭和の中頃のものじゃ~」
悪くは無いけど、まあ普通で買えば一万そこそこの品物、
2枚で10万以上なのにこれでは泣ける~~
けど、これがネットオークションなんじゃけん、
さっぱりと諦めなね~と思ったのだけど、
何度も取引した相手だから、
ダメ元で、こちらの気持ちを言ってみようと
「説明文と違うので、キャンセル料を払うから
返品させて欲しい」旨の事を
メールしてみました。

結果は、冷たく「ノー」でした。
丁重にお願いしたにも拘らず
悪い評価を貰ってしまいました。

それ以後、
その出品者のところではどんなに魅力的な品物でも
二度と再び買うことはありません。

その出品者は、
人からの依頼を受けて多くの商品を出品しています。
手数料は2~3割くらいのものでしょうから
その時一度だけは多めの手数料を手に入れますが、
その後のことを考えれば、
決してお利口な行為とは思えません。
損得を考えると、
その業者は絶対損したと思いますよ。

だって、
私は決して無茶は言わないし、
布を使うことをお仕事にしているので、
ながーいお付き合いが出来るのに・・・

                         合掌
[PR]
by haura-maru | 2009-01-15 23:54 | Trackback | Comments(2)

虫歯とプロポリス



2009・1・14(水)
朝からとても良い天気、
春の陽気、
あまりの暖かさに
久しぶりに屋上の春待ち花を相手に
一時間ほど日向ぼっこと相成りました。
f0182261_2147371.jpg



冬のガーデンはちょっとさみしい
でも、
春になると様子が一変して美しいガーデンに
                         ・・・・たぶん
f0182261_21561770.jpg



f0182261_2156388.jpg



越冬する野菊
f0182261_21591191.jpg



f0182261_221075.jpg



f0182261_221418.jpg




左右合わせて8本の歯を抜きなさいと、それまで通っていた歯医者に言われた。
歯を抜いて入れ歯にするのが嫌で別の歯医者に行った。
結果は同じ事を言われた。
しょっちゅう歯が腫れてひどい痛みで歯医者に行かぬわけにはいかない。
その時出会ったのがプロポリス、
プロポリスとは、蜜蜂が樹液と自分の出す唾液を混ぜた物を、
外からの病原菌から女王蜂を守るために、
蜂の巣の壁面にコーティングした物質なのだそうである。

そのプロポリス液を脱脂綿に浸み込ませて痛む歯のところに当てて、
しばらくそのままの状態にしておく。
ひどい痛み、腫れの時は2~3時間おきにくり返し塗り付ける、
大抵一日で痛みも腫れも取れる。

12~3年前のことである。

それ以来、一度も歯医者に行ったことがない。
時々、歯が痛み出しそうになることがあるけれど、
すぐプロポリスをつけることで事態は治まる。
抜くように言われた8本の歯もいまだに健在である。

プロポリス様々、
あなたは、私の今一番のお助けマンであります。
どうぞこの世からプロポリスが消えて無くなりませぬように・・・お願い!

[PR]
by haura-maru | 2009-01-14 22:51 | Trackback | Comments(2)

神の手



2009・1・13
朝の間快晴のちまあまあの天気
風は冷たい
f0182261_2241962.jpg



過日、四国の友人から電話があり
「この間ねえ、
テレビで神の手を持つ医者というのをやってたけど、
全く耳の聞こえなかった人がその先生の手術を受けて
聞こえるようになったそうよ、
貴女もその先生の手術を受けたらよかったのに・・・」

私が子供のころ中耳炎を患って、それがこじれてひどくなり
中学一年のとき、手術をし片方の耳が全く聞こえなくなった。

10年位前に風邪を引いて小田原の耳鼻科に行った時、
たまたまそこの先生にその話をしたところ、
良い先生がいるからもう一度手術を受けてみたら・・・?
ということで、
東海大医大の先生(現在は開業医となっている)を紹介してもらって
再手術を受けた。
そして或る程度聞こえるようになった。
そのことを四国の友人に話したことがあったので、
テレビの「神の手を持つ医者」に巡り合わなかった私の不運を
気の毒がって電話してきたのだけれど、

”その先生、新川って先生でしょ!?”

”うん、そんな名前だったよ”

”私、その先生に手術してもらったんよ”

”えーっ、そうだったん!?”

名医とは聞いていたけど、神の手を持つ程の名医だったとは
私も全く知らなかった。
偶然にも、ただ、紹介されるままに受けた手術の担当医が
神の手を持つ医者だったのだ。

私って案外運の強い人間なのかも・・・・^-^

[PR]
by haura-maru | 2009-01-13 22:45 | Trackback | Comments(2)

歯ブラシ



2009・1・12
午前中快晴
午後から曇り
時々ほんのパラパラ雨
f0182261_21561219.jpg



以前は野菜スープを作って飲んでいた。
青い野菜、根菜類、しいたけ類、
何でも出来るだけ多くの野菜を
大きな寸胴にいれスープを作り
調味料は梅干一個、出し昆布だけで、
そのまま、スープだけを飲んだり
そのスープでうどんや雑炊を作ったりしていたが、
最近は何となく止めてしまっている。

代わりにというか、このところずっと
野菜ジュースを作って飲んでいる。
りんご、みかん、人参、ピーマン、トマト、きゅうり等々に
皮をむいたレモン一個を加えてつくる。
これがなかなか美味しい。
一日に
一人でグラス3杯分くらい飲んでいる。
レモンを入れてあるので、酸化が進まず
朝作ったジュースが夕方まででも
変色せず、味も変わらず
美味しく飲める。

ジューサーを使ったあとの手入れに歯ブラシを使うようになってから、
これまで嫌だった道具の洗浄作業が面白くなって、
苦にならなくなった。

今、我が家の台所では歯ブラシがいろんなところに
使われて大活躍をしている。
細かいところの汚れがきれいになって楽しいですよ~


土いじり後の手の爪の掃除にも便利なり!
[PR]
by haura-maru | 2009-01-12 23:01 | Trackback | Comments(4)

しあわせ



2009・1・11
朝のうち、とっても良い天気
午後からぼつぼつ曇り
f0182261_19593638.jpg


f0182261_19595515.jpg



昨日、
テレビ番組「世界ふしぎ発見」を見た人も多いと思いますが、
私も見ました。
ブータンがテーマでした。
ブータンはいい国のようです。
国王が国民のために、国民の幸せのために、
とても心を砕いていて、
国民は生活の(衣食住)心配が一つもないということで
国民は皆国王を敬愛しており、
国王以下、国民がみんな一つの家族のような感じで、
私もブータンに住みたいと思ったほどです。

そして、
ブータン人が言っていました。
”幸せとは、今手にしている物で充分だと気づく事かも分かりません”

その通りだと思います。

でもね、
生きるには何らかの希望がないとねえ、
希望って、つまり欲望でもあるんですよね。

小さな欲望のうちはいいのですが、
人間の欲望には際限がありませんから、
いつしか、自分の幸せに気づかなくなってしまうのかもしれませんね。

気をつけたいと思います。
[PR]
by haura-maru | 2009-01-11 23:23 | Trackback | Comments(0)