ブログトップ

ちりめん細工教室「はうら」~熱海~

hauramaru.exblog.jp

虫歯とプロポリス



2009・1・14(水)
朝からとても良い天気、
春の陽気、
あまりの暖かさに
久しぶりに屋上の春待ち花を相手に
一時間ほど日向ぼっこと相成りました。
f0182261_2147371.jpg



冬のガーデンはちょっとさみしい
でも、
春になると様子が一変して美しいガーデンに
                         ・・・・たぶん
f0182261_21561770.jpg



f0182261_2156388.jpg



越冬する野菊
f0182261_21591191.jpg



f0182261_221075.jpg



f0182261_221418.jpg




左右合わせて8本の歯を抜きなさいと、それまで通っていた歯医者に言われた。
歯を抜いて入れ歯にするのが嫌で別の歯医者に行った。
結果は同じ事を言われた。
しょっちゅう歯が腫れてひどい痛みで歯医者に行かぬわけにはいかない。
その時出会ったのがプロポリス、
プロポリスとは、蜜蜂が樹液と自分の出す唾液を混ぜた物を、
外からの病原菌から女王蜂を守るために、
蜂の巣の壁面にコーティングした物質なのだそうである。

そのプロポリス液を脱脂綿に浸み込ませて痛む歯のところに当てて、
しばらくそのままの状態にしておく。
ひどい痛み、腫れの時は2~3時間おきにくり返し塗り付ける、
大抵一日で痛みも腫れも取れる。

12~3年前のことである。

それ以来、一度も歯医者に行ったことがない。
時々、歯が痛み出しそうになることがあるけれど、
すぐプロポリスをつけることで事態は治まる。
抜くように言われた8本の歯もいまだに健在である。

プロポリス様々、
あなたは、私の今一番のお助けマンであります。
どうぞこの世からプロポリスが消えて無くなりませぬように・・・お願い!

[PR]
by haura-maru | 2009-01-14 22:51
<< 損か得か 神の手 >>